みんなの保険クラブ・モバイルサイト

退職弔慰金の準備について
こんにちわ、フィナンシャルプランナーの
大内 雅司です。

従業員の退職金は、勤続年数、退職事由などにより、会社規定で定めるのが一般的。死亡退職金・弔慰金は、従業員の遺族補償を目的に、死亡時の状況や会社規定により支給額が決定されます。

もうひとつ経営者として考えなければならないのが従業員の生存退職金です。この退職金は、勤続年数、退職事由などにより、会社規定で定めるのが一般的。支払いに備えて計画的な資金づくりが大切です。
また、従業員のために医療保障を準備することで、入院中の収入減を補い、家族の生活を守ることも可能になります。

退職慰労金の税法上のメリットとは?

  1. 退職所得控除が受けられます
    例)
    勤続年数 退職所得控除額
    20年以下 40万円×勤続年数(80万円未満の場合は80万円)
    20年超 800万円+70万円×(勤続年数−20年)
  2. 退職所得控除後の課税所得は、1/2で計算されます(1/2課税)
  3. 他の所得と合算されません(分離課税)

                            (所得税法 第30条2項〜4項)

1.特定の保険会社に属していないので、「中立公正なアドバイス」を受けられます。
2.複数社の保険会社の情報があり、お客様に合わせたベストなご提案が可能です。
3.生命保険・医療保険の加入や見直しなど、無料で保険相談受付。
豊かな生活環境を維持する為に、定期的なライフプランのメンテナンスをおすすめします。
その他、生活に関わることなら、何でもご相談ください。

税理士・社会保険労務士・不動産会社と連携出来ます!!

お問合せ・お見積りは下記の携帯までお願い致します。

大内雅司の保険無料相談室
〒732-0045
広島市東区曙1−8−1
携帯:090-1352-8858
電話:082-228-3039
FAX:082-228-3039
お問合せはこちらより



facebook

マイ・オークションをごらんください
戻る
Ads by Sitemix