みんなの保険クラブ

住宅ローンと生命保険の関係
こんにちわ、フィナンシャルプランナーの
大内 雅司です。
住宅ローンと生命保険の関係〜
生命保険の見直しにより保険料が安くなった分、住宅ローンへ生活費予算を再配分
できます。
このような案件、是非ともご相談下さい!!

住宅を購入していれば通常、住宅ローンに団体信用生命保険が付きます。

返済中に死亡すれば保険金が支払われ住宅ローンが完済されるため、

住宅購入によって必要な補償額は1000万円〜2000万円ほど低くなります。

死亡保証医療保障の必要保証額がわかれば、次は保証期間について考えて見ましょう。

死亡保障額は年齢やライフステージによって変化します。

男性を例に必要補償額を考えて見ましょう。

独身ならば、自分が死んで経済的に困る家族はまずいません。

とことが、結婚で状況は一変します。

子供がいないうちは配偶者が働けるため、高額な保証は不要です。
だが、子供が生まれるとフルタイムで働くことが難しく、必要補償額は高額になります。

通常、末子が生まれる前後に必要補償額のピークを迎えます。

その後は配偶者の年齢が高くなるにつれ必要補償額は小さくなり、
退職時に遺族の必要保障額は必要なくなります。

医療保障は、所得水準によって必要補償額が変わります。

高齢になれば老人保健制度で医療費負担が少なくなりますが、後期高齢者医療制度
への移行が予定されており、徐々に現役世代の負担に近づきそうです。

そのため、現在の必要補償額は高齢期まで続く可能性は高い。

むしろ、今後のインフレリスクや制度変更リスクを考えると、徐々に増えると考えたほうが無難でしょう。

女性の場合は、医療保障は男性と同じ考えでいいですが、死亡保障は多くの場合お葬式代程度です。

ですけど、女性が働いて生活を支えているのであれば、遺族年金が手薄いこともあり、
男性よりも必要補償額が大きくなるケースもあります。

最後になりますが、保険の見直しをする前に加入している保険をすぐに解約しないで下さい。

よりよい条件の保険に加入できるとは限りませんし、
加入できなければ「無保険状態」になる危険性もあります。

加入できると自分で判断してはいけません。

きちんと「告知」をして、新しい保険に正常に加入したことを確認してから、

古い契約の解約や減額をしてください!!


まずは、ご相談のうえ事前審査を申込しましょう!!

1.特定の保険会社に属していないので、「中立公正なアドバイス」を受けられます。
2.複数社の保険会社の情報があり、お客様に合わせたベストなご提案が可能です。
3.生命保険・医療保険の加入や見直しなど、無料で保険相談受付。
豊かな生活環境を維持する為に、定期的なライフプランのメンテナンスをおすすめします。
その他、生活に関わることなら、何でもご相談ください。

税理士・社会保険労務士・不動産会社と連携出来ます!!

お問合せ・お見積りは下記の携帯までお願い致します。

大内雅司の保険無料相談室
〒732-0045
広島市東区曙1−8−1
携帯:090-1352-8858
電話:082-228-3039
FAX:082-228-3039
お問合せはこちらより



facebook

マイ・オークションをごらんください
戻る
Ads by Sitemix