みんなの保険クラブ・モバイルサイト

医療保障の必要補償額
こんにちわ、フィナンシャルプランナーの
大内 雅司です。
医療保障の必要補償額〜
必要保障日額は五千円〜一万円

定額給付型の医療保険が多いため、医療リスクの総額は、

「必要な入院日数」 × 「入院日数」となります。

入院日額は健康保険の対象となる医療費の自己負担分健康保険対象外の諸雑費
所得減少を補うお金の三要素で計算できます。

健康保険の自己負担分のカギは「高額療養費制度」。

100万円の医療費だと3割負担で30万円かかりますが、自己負担が一定ラインを超えると
健康保険が医療費を負担し、自己負担は8万7430円ですみます。(一般所得者の場合)

健康保険の対象外の出費には、入院時の食事代の一部、交通費などの雑費、
個室などの差額ベット代、先進医療費などがあります。

なかでも、入院が長引くと、差額ベッド代の負担が大きいです。
(全国平均で、日額3000円〜5000円程度)・・・・・首都圏では倍以上

一般病室に空がないなど、病院側の都合だったり、治療上必要ならば原則として徴収されません。
希望して入室した場合は徴収されます。

また、健康保険のきかない最先端の治療は原則、「自由診療」となり、全額自己負担となります。

差額ベット代や先進医療費を除く必要入院補償額は、一般所得者で、5000円〜10000円。

上位所得者で、10000円〜15000円程度です。

貯蓄の少ない人や住宅ローンがある人、生活に余裕の無い人は、医療期間中の収入減
への対策を考える必要があります。

健康保険の被保険者は、最長1年6ケ月、標準報酬日額の三分の二の保障がありますが、
国民健康保険にはありません。


そのため、自営業者は所得保障保険や入院日額のアップでカバーせざるおえません。

※ また、差額ベット代や先進医療費は高額なので保険料が高くなりますので、
保険より貯蓄で対応した方が良いでしょう。
1.特定の保険会社に属していないので、「中立公正なアドバイス」を受けられます。
2.複数社の保険会社の情報があり、お客様に合わせたベストなご提案が可能です。
3.生命保険・医療保険の加入や見直しなど、無料で保険相談受付。
豊かな生活環境を維持する為に、定期的なライフプランのメンテナンスをおすすめします。
その他、生活に関わることなら、何でもご相談ください。

税理士・社会保険労務士・不動産会社と連携出来ます!!

お問合せ・お見積りは下記の携帯までお願い致します。

大内雅司の保険無料相談室
〒732-0045
広島市東区曙1−8−1

携帯:090-1352-8858
電話:082-228-3039
FAX:082-228-3039
お問合せはこちらより



facebook

マイ・オークションをごらんください
戻る
Ads by Sitemix